ナローバンドUVB

中波長紫外線の領域に含まれる非常に幅の狭い波長(311±2nm)の紫外線で、この紫外線を皮膚に照射することにより、乾癬、類乾癬、尋常性白斑、掌蹠膿疱症、痒疹、円形脱毛症などの治りにくい皮膚疾患に有効であることが最近わかってきました。
またアトピー性皮膚炎に使用することで、掻痒が軽快し、ステロイド外用剤を減らすことが可能です。