帯状疱疹(たいじょうほうしん)

原因は神経節に潜伏感染していた水痘帯状疱疹ウイルスが免疫力の低下や過度のストレスなどにより再活性化し、増殖したウイルスが知覚神経を壊しながら伝わり皮膚に到達して、体の片側に水疱や赤い丘疹を作ります。通常痛みを伴い、その痛みが皮膚症状消褪後も残ってしまうことがありますので、早期に抗ヘルペスウイルス薬の内服をすることが大切です。