単純ヘルペス

原因は単純ヘルペスウイルスの再活性化によるとされています。このウイルス感染後、神経節に潜伏して、風邪などで免疫が低下した場合に、神経を伝わって皮膚に小さな水ぶくれを作ります。
治療は軽症の場合、抗ヘルペスウイルス薬の外用を行いますが、初感染や中等症の場合には抗ヘルペスウイルス薬の内服を行います。特に、再発を繰り返す陰部ヘルペスの場合は長期内服療法を行うときもあります。